岩手県知事選、現職が先行 与野党一騎打ちの構図

 与野党一騎打ちの構図となった8日投開票の岩手県知事選は終盤戦に入り、いずれも無所属で、4選を目指す現職達増拓也氏(55)=立憲民主、国民民主、共産、社民推薦=が組織力を生かして先行し、新人及川敦氏(52)=自民推薦=が追う展開となっている。先の参院選後、埼玉県に続き与野党対決型の知事選となっている。

 東日本大震災からの復興政策や3期12年にわたる現県政の評価が主な争点。前回の2015年が無投票だったため、8年ぶりの選挙戦となった。達増氏は国民民主党の小沢一郎衆院議員(岩手3区)に近いとされ、自民党は県政奪還を目指している。

共同通信社 2019年9月1日 無断転載禁止