NY株、一時400ドル超安 米中摩擦の激化懸念

 【ニューヨーク共同】連休明け3日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は米中貿易摩擦の激化に対する懸念などから反落し、前週末からの下げ幅が一時400ドルを超えた。午前10時現在は前週末比301・62ドル安の2万6101・66ドル。ハイテク株主体のナスダック総合指数は31・92ポイント安の7930・96。

 トランプ米政権が1日に対中制裁関税「第4弾」を発動し、中国政府は2日に世界貿易機関(WTO)への提訴を決めたと発表。米中対立への警戒感に加え、英国の欧州連合(EU)離脱問題を巡る混乱も嫌気された。

共同通信社 2019年9月4日 無断転載禁止