韓国での日本車販売「57%減」 8月、不買運動が影響

 日本製品の不買運動を訴えるイベントで壊された日本車=7月、韓国・仁川(聯合=共同)

 【ソウル共同】日本政府による輸出規制強化への反発から韓国で拡大している日本製品の不買運動の影響で、8月の韓国での日本車の新車販売台数が前年同月比57%減少したことが4日、分かった。外国車に占める日本車の割合は8%で、昨年8月の17%から急落した。

 日本政府が7月4日、半導体材料3品目で韓国向けの輸出規制を強化して以降、日本製のビールや乗用車、衣料などの売り上げは急減している。

 業界関係者は韓国メディアに「韓日関係が改善したとしても(日本車不人気の)残像は長く続く可能性がある。日本車の新規顧客の開拓は難しくなりそうだ」と語った。

共同通信社 2019年9月4日 無断転載禁止