東京円、106円台半ば

 5日の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=106円台半ばで取引された。

 午後5時現在は前日比28銭円安ドル高の1ドル=106円51~52銭。ユーロは81銭円安ユーロ高の1ユーロ=117円58~62銭。

 中国商務省が米国との閣僚級協議を10月初めに開くと発表し、米中貿易摩擦解消への期待から安全資産とされる円を売る動きが優勢となった。英国の欧州連合(EU)離脱問題や香港情勢への警戒感が後退したことも円売りを誘った。

 市場では「月内には米連邦準備制度理事会(FRB)が利下げするとの見方が強く、円を買い戻す動きもあった」との声が出ていた。

共同通信社 2019年9月5日 無断転載禁止