立民参院会長に長浜氏 就任を12日決定

 立憲民主党参院会派は6日午後、参院議員会長選の立候補受け付けを締め切った。長浜博行元環境相しか届け出がなく、12日の議員総会での承認を経て会長就任が正式決定する。

 長浜氏は、立民との会派合流方針を決めた国民民主党から昨年、除籍(除名)処分を受け、立民に入党した経緯がある。

 立民は会派合流後の新しい参院会派の幹部人事に関し、国民側と「協議する」(福山哲郎幹事長)としているが、調整に手間取る可能性がある。

 【参院議員会長】長浜博行氏早大卒。官房副長官、環境相。60歳。千葉選挙区、参院当選3回、衆院当選4回。

共同通信社 2019年9月6日 無断転載禁止