東京円、106円台後半

 6日の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=106円後半で取引された。

 午後5時現在は前日比46銭円安ドル高の1ドル=106円97~99銭。ユーロは58銭円安ユーロ高の1ユーロ=118円16~20銭。

 10月初めに米中両政府が貿易協議を開催することで合意し、貿易摩擦が深刻化する懸念がやや和らいだことから、朝方は安全資産とされる円を売る動きが優勢となった。その後は目立った取引材料がなく、小幅な値動きとなった。

 市場では「8月の米雇用統計の発表などを控え、様子見ムードだ」(外為ブローカー)との声があった。

共同通信社 2019年9月6日 無断転載禁止