携帯3社寡占は当面継続 楽天本格サービス遅れ

 携帯電話事業の参入に関して記者会見する楽天の三木谷浩史会長兼社長=6日午後、東京都世田谷区

 NTTドコモなど携帯電話大手3社による市場の寡占状態が当面継続する見通しとなった。楽天の三木谷浩史会長兼社長が6日、携帯事業への本格参入が大幅に遅れると発表し、政府が期待した競争促進効果が先送りされることが響く。楽天の本格サービスは遅ければ来年春ごろにずれ込む見通しで、まずは利用者を限定した無料サービスを試験的に運用する。一方、ソフトバンクは政府の新規制に合わせ、中途解約に違約金を課す「2年縛り」を廃止すると発表した。

 楽天は基地局など通信網の整備が計画通りに進まず、当初10月としていた本格サービスにこぎ着けられなかった。

共同通信社 2019年9月6日 無断転載禁止