「てんや」主力商品の価格統一 軽減税率対応、別価格も

 ロイヤルホールディングスは9日、消費税増税に伴う軽減税率制度への対応を発表した。「天丼てんや」は主力の「天丼」で税率10%が適用される店内飲食と、8%が適用される持ち帰りの税込み価格を統一する。一部商品では別価格になる。

 天丼、上天丼など30品目について、店内飲食の本体価格を値下げして、店内と持ち帰りで税込み価格を同じにする。天丼は540円。同社は「主力商品はお客様に価格が浸透しており、税込み価格を据え置くことにした」と説明している。

 一方、野菜天丼など約60品目は店内飲食と持ち帰りで税込み価格が異なるようになる。

共同通信社 2019年9月9日 無断転載禁止