5G活用、100人対戦ゲームも 開発競争激化

 NTTドコモのブースで開かれた、多人数が同時に対戦できるゲームイベント=12日午後、千葉市の幕張メッセ

 千葉市の幕張メッセで12日に始まった東京ゲームショウで、高速大容量の第5世代(5G)移動通信システムに対応したスマートフォンを利用して最大100人が同時に対戦できるゲームイベントが開かれた。次世代通信を使ったゲームの開発競争が激化しそうだ。

 イベントが開かれたのはNTTドコモのブース。5Gの通信環境を一部整備。戦場での生き残りをかけて戦うスマホ向けのバトルロイヤルゲームに大勢が参加して盛り上がった。

 5Gが普及すれば高速通信の特性を生かして多人数がリアルタイムで複雑な動きをする対戦ゲームを快適にプレイできる。

共同通信社 2019年9月12日 無断転載禁止