JDI、白山工場の休止を延長 スマホ向け需要低迷続く

 ジャパンディスプレイ白山工場=石川県白山市

 経営再建中の中小型液晶大手ジャパンディスプレイ(JDI)が、主力の白山工場(石川県白山市)の休止を当面延長する方針であることが13日、分かった。スマートフォン向けパネルの需要低迷が続いているためで、再稼働の時期は未定。

 JDIは6月、液晶パネルの需要低迷や中国勢などの競合メーカーとの競争激化を受け、白山工場の稼働を7~9月の間、休止すると発表。9月末までに再稼働の時期を判断するとしていた。

 再稼働の時期や今後の活用方法については、主要顧客である米アップルの需要動向や、8月に資本業務提携を結んだ中国・香港ファンドの意向も踏まえながら判断するとみられる。

共同通信社 2019年9月13日 無断転載禁止