IEA、原油供給は当面問題なし サウジ攻撃で見解

 【ロンドン共同】国際エネルギー機関(IEA)は14日、サウジアラビア東部の国営石油会社サウジアラムコの石油施設2カ所が無人機による攻撃を受けたことに関連し、当面の原油供給には問題がないとの見解を明らかにした。「十分な量の商業在庫がある」としている。

 サウジのアブドルアジズ・エネルギー相によると、攻撃を受け日量約570万バレルの生産を停止した。世界全体の供給量の5%ほどに当たる量だ。生産再開が遅れるなど事態の展開次第では安定供給への不安が市場に広がって原油価格が大きく上昇する可能性がある。

共同通信社 2019年9月15日 無断転載禁止