自民、参院新体制スタート 世耕幹事長、団結呼び掛け

 自民党は17日、参院執行部会を開き、新体制が事実上スタートした。安倍晋三首相に近い世耕弘成参院幹事長は国会運営に関し「一致団結して頑張っていこう」と協力を呼び掛けた。これまで参院の取りまとめ役だった竹下派の吉田博美前参院幹事長は引退。今後は、世耕氏と末松信介参院国対委員長が所属する細田派が主導して参院運営に当たるとみられる。

 世耕氏は記者会見で「野党に対し、謙虚に丁寧に臨む参院独自の路線を継承する」と強調。憲法論議を野党に働き掛ける意向を示した。先の参院選で改憲勢力が3分の2議席を割り込んでおり、野党との協調が課題となる。

共同通信社 2019年9月17日 無断転載禁止