首相「震災復興に全力を」 改造内閣初の推進会議

 内閣改造後初めて開かれた復興推進会議=20日午前、首相官邸

 政府は20日、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故からの復興加速に向け、内閣改造後初めての復興推進会議を首相官邸で開いた。安倍晋三首相は「震災からの復興は内閣の最重要課題だ。一日も早い復興に向けて全力を尽くしてほしい」と全閣僚に指示した。

 11日発足した第4次安倍再改造内閣の基本方針は「閣僚全員が復興大臣」との意識共有を掲げている。

 復興庁によると、震災と原発事故に伴う避難者は8月9日時点で4万9953人。10年間の復興期間は2020年度末までだが、原発事故対応や被災者の心のケアなどの課題は残る。政府は年内に21年度以降の復興基本方針をまとめる。

共同通信社 2019年9月20日 無断転載禁止