社会保障改革へ、検討会議初会合 有識者と関係閣僚、来夏に結論

 「全世代型社会保障」の実現に向けた検討会議の初会合であいさつする安倍首相(左から2人目)=20日午後、首相官邸

 政府は20日、安倍晋三首相が掲げる「全世代型社会保障」の実現に向け、有識者と関係閣僚による検討会議の初会合を官邸で開いた。急速に進む少子高齢化に対応するため、高齢者の就業促進など社会保障の支え手の拡充や年金、医療を巡る議論がスタート。首相は「全世代型社会保障への改革は最大のチャレンジだ。社会保障全般にわたる持続可能な改革を検討していく」と表明した。

 社会保障費の膨張が見込まれており、国民の負担増という「痛み」にどこまで踏み込めるかが焦点だ。政府は年末に中間報告、来年の通常国会に年金などの関連法案を提出した上で、同年夏に最終報告をまとめる。

共同通信社 2019年9月20日 無断転載禁止