持続可能な島づくり決意 海士町で町制50周年式典

海士町制50周年を祝う出席者
 島根県海士町の町制施行50周年年を祝う記念式典が29日、同町福井の町立福井小学校体育館であり、出席した約180人が半世紀の歩みを振り返り、離島の自立に向けた町づくりへの決意を新たにした。

 大江和彦町長は、平成の大合併で単独町制の道を選択し、独自の産業・教育振興策に取り組んだ歴史に触れ「離島のハンディを負いながら、町民や出郷者の力強い支援で今日の繁栄につなげられた」と強調。持続可能な町づくりに向け「町民や海士ファンと『みんなでしゃばる(引っ張る)島づくり』を胸に刻み、果敢に挑戦していく」と意欲を示した。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2019年9月30日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ