高齢者の通院や家事サポート 出雲高浜地区で応援サークル

自己紹介するサークルのメンバー
 出雲市高浜地区の住民が地区内のお年寄りの通院や家事などを有料でサポートする「暮らし応援活動サークル」を結成した。「お互いさま」の精神で、住み続けられる地域づくりを目指す。

 サークルは地区の高齢者らでつくる高浜地区慶人会を中心につくった。サービス内容は▽草刈り、草取り▽庭木の枝切り▽通院の付き添い▽買い物代行▽屋内の整理、家具移動▽掃除、洗濯▽見守り、話し相手-の7項目。利用料金は原則1時間500円とした。1日以降、支援を希望する60歳以上の「利用会員」とサービスを担う「協力会員」を募る。

 同市平野町の高浜コミュニティセンターであった発足で、サークルの古山武夫会長(74)は「高齢者が体力に応じてお互いの生活を助け合い、地域にとどまることができる環境をつくりたい」と話した。

 同市内では、他地区でも同様の取り組みが増えており、関係者からは「助けてほしいという声は、なかなか分かりづらい」「支援を求める人の気持ちに寄り添い、臨機応変な対応を心がけてほしい」といったアドバイスがあった。

2019年9月30日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ