南部町が体験ツアー トレラン愛好者、香港から呼び込め

法勝寺川沿いの土手を走る香港からの参加者
 南部町が、米子空港(鳥取県境港市佐斐神町)発着の香港便の利用客を主要ターゲットに、山野を走る「トレイルランニング」を切り口としたインバウンド(訪日外国人客)誘致に取り組んでいる。香港でブームになっているトレイルランニングの愛好者に、豊かな自然を満喫してもらいながら、町が推進する農家民泊の受け入れ増を狙う。

 香港では年間300回のトレイルランニングのイベントが開かれ、爆発的な人気という。町は昨年度から農家民泊を推進し、香港の愛好者の呼び込みを計画。7月には、香港でトレイルランニングのイベントを企画・運営する企業「The Green Race」(TGR)の代表を町に招き、可能性を調べてもらい高く評価された。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2019年10月11日 無断転載禁止