大分で牛喰い絶叫大会 増税に「小遣いも上げて」

 ラグビー日本代表を激励して声を張り上げる参加者=14日午後、大分県由布市湯布院町

 「消費税上がったから、お小遣いも上げて」。大分県産の高級牛肉を食べた後、日頃の思いの丈を叫ぶ「由布院牛喰い絶叫大会」が14日、同県由布市湯布院町の牧場で開かれた。県内外から参加した約100人が次々とユニークな絶叫を繰り出し、会場は終始、笑いに包まれた。

 声の大きさと内容の面白さを競う恒例イベント。秋晴れの下、参加者は「豊後ゆふいん牛」のバーベキューに舌鼓を打ってスタミナを付け、特設ステージに登壇。夫婦間で積み重なった不満を爆発させたり、ラグビーのワールドカップ8強入りを決めた日本代表を激励したりするなど、思い思いに声を張り上げた。

共同通信社 2019年10月14日 無断転載禁止