日銀、北海道の景気判断引き上げ 消費増税は見方分かれる

 日銀本店

 日銀が15日公表した10月の地域経済報告(さくらリポート)は、全国9地域のうち北海道の景気判断を引き上げた。これまでの「緩やかに回復している」から「緩やかに拡大している」とした。ほかの8地域は据え置いた。消費税増税の影響について、調査先の企業では懸念の声がある一方で先行きに楽観的な声もあり、見方が分かれた。

 北海道のほか北陸や関東甲信越、東海など7地域は「拡大」、東北と四国は「回復」と判定した。中国地域は従来の「緩やかに拡大している」に「一部に弱めの動きがみられるものの」を追加したが、判断は維持。日銀は「消費や設備投資がしっかりしているため」と説明した。

共同通信社 2019年10月15日 無断転載禁止