松江シティ引き分け JFL

【第24節・松江シティFC-MIOびわこ滋賀】前半13分、右サイドからのクロスに合わせる松江シティFCのFW多木理音(左)=島根県立浜山公園陸上競技場
 日本フットボールリーグ(JFL)は20日、第24節6試合があり、最下位の松江シティFCはホームの出雲市の島根県立浜山公園陸上競技場で11位のMIOびわこ滋賀と0-0で引き分けた。通算3勝9分け12敗の勝ち点18で、順位は変わらない。

 松江シティは前半、ボールを保持して主導権を握り好機をつくるもゴールを奪えなかった。後半は守勢に回る時間が長くなったが、しのぎきった。

 松江シティは残り6試合。第25節は27日、アウェーの大阪府豊中市の府営服部緑地陸上競技場で、12位のFC大阪と対戦する。

 ▽第24節(20日・島根県立浜山公園陸上競技場、360人)

  松江シティFC 00-00 MIOびわこ滋賀

   (18)           (29)

           0-0    

        

 【評】松江シティは前半の度重なる好機を逃すと、後半は守る時間が増え、我慢の試合となった。

 前半は細かくパスをつなぎながら、サイドを中心に攻撃を組み立ててシュートを放った。精度を欠いて枠をとらえられず、無得点で折り返した。

 後半はDF裏へのロングボールでラインを下げられ、ボールを奪っても相手ゴールまで運べなかった。後半だけでコーナーキック10本を与え、シュートも7本打たれたがDF下村を中心に守った。

2019年10月21日 無断転載禁止