レッツ連歌(要木木純)・10月24日付

(挿絵・麦倉うさぎ)
◎レッツ連歌の締め切りの後
なぜかしら五キロも痩せているワタシ
              (雲南)妹尾 福子

◎ハリウッドからお誘いがきて
交通費宿泊費等自己負担   (松江)植田 延裕

親戚がとたんに多くなりました
             (奥出雲)松田多美子

振袖を着てサーフィンをやってみる
              (松江)原田 充子

◎見て見ぬふりのアンタさすがだ
駒一つないことくらい分かります
              (松江)山崎まるむ

◎別の部屋から声が聞こえる
風呂上がりノックに迷う旅の宿(益田)石田 三章

◎学芸会の主役仕留める
人生で一度限りのライト浴び (雲南)錦織 博子

◎包まれていた小判一枚
意外にも次郎吉さんは几帳面 (江津)井原 芳政

返そうと努力したけど怒鳴られて
              (安来)根来 正幸

◎今ひとたびのはやり待たなむ
二匹目のドジョウは柳の下にいず
              (松江)勝部 政子

棚の奥紅茶キノコが眠ってる (松江)小谷由紀子

◎いっしょにいかがと言ってはくれない
最愛の夫は先に往生し    (浜田)勝田  艶

◎あらゆる呪文唱えてはみた
神々は岩戸の前で思案顔   (益田)石川アキオ

◎スマホがあれば何もいらない
不特定多数の世界それもよし (大田)内田由美子

◎やけにくしゃみが出るお留守番
隣には檜林が生い茂り   (出雲)放 ヒサユキ

◎夫もいますし子供もいますし
そっくりの案山子が総出で稲の番
              (松江)高木 酔子

割り勘が多くなってる食事会 (松江)川津  蛙

◎父さんに似た人はダメだよ
この頃はいやな予感がよく当たる
              (川本)高砂瀬喜美

◎キラキラ光るひとすじの糸
単身の身につまされる流れ星 (江津)花田 美昭

知ってるよ君の心の宝石を  (松江)原  隆子

◎時短に舵を切ったコンビニ 
真夜中の明かりをたよりにしてたのに
              (浜田)滝本 洋子

家の外は暗いが内は皆笑顔  (松江)中藤 俊雄

◎今日も用あり明日も用あり
消費税上がらぬうちにショッピング
              (米子)板垣スエ子

見え透いた手口に笑ってアバヨする
              (出雲)岡  佳子

ボケているひまなどないわごめんなさい
              (松江)加茂 京子

生きている限りは続く家仕事 (美郷)源  瞳子

◎気づかれまいぞ腹の黒さは
警視庁捜査一課の取調べ   (松江)森廣 典子

◎やり直したいやり直せない
円満にすべては金が解決し  (江津)江藤  清

好き嫌い好き嫌い好き嫌い好き(出雲)吾郷 寿海

地球から遠い星へのメッセージ(雲南)横山 一稔

買いだめの後に気づいた値引き品
              (境港)稲賀  潔

◎枯れたトマトにまだ水をやる
五年後の自分のことが思われて(益田)吉川 洋子

お化粧に妻が格闘一時間   (松江)田中 堂太

咲かせます世界に一つだけの花(松江)早川ユキトシ

信ずべし七日後には復活す  (美郷)吉田 重美

           ◇

 消費税が10%になりました。スエ子さんはじめ早速詠んだ方がいましたね。潔さんも消費税値上げ前の話かも。正幸さんは関電疑惑。前句の「時短に舵をきったコンビニ」も最近のことでした。このようないわゆる時事ネタは、10年もたつと元の事件が分からなくなってしまいます。それでも、「今」詠むからこそ面白いんです。ややこしいことをいいますが、昔のことを詠む場合も、「今」思い出しているんですね。由紀子さんの紅茶キノコ、寿海さんの子供の時にはやった恋占い、一稔さんのパイオニア探査機の金属板?、分かってくれる読者はこれから少なくなるかもしれない。でも、作者が「今」過去を連想するからこそ、他にはない雰囲気が醸し出されるんです。昔は当たり前だった故事成語や伝説、例えば鼠(ねずみ)小僧次郎吉(芳政さん)、二匹目のドジョウ(政子さん)、天の岩戸(アキオさん)、キリストの復活(重美さん)、聞いたことすらないという若者がままいます。でも、作者にとっては「今」思い出すことが大切だったんです。百年後も通用する名句を作ろうとする意欲も大事ですが、たとえ将来の人に分からなくなっても、「今」を見失わずに「今」詠むのも、また連歌の面白さでしょう。

 佳子さんは、中島みゆき(後に研ナオコ)の歌を、ユキトシさんは、SMAPの歌(ユキトシさん)をうまく換骨奪胎しました。これらの歌もやがて忘れ去られてしまうんでしょうが、「今」詠むことに意義があります。

 さて、次回は、今回の入選句を前句にして、七七を付けてください。

(島根大教授)

2019年10月24日 無断転載禁止

こども新聞