サッカー独、大迫がリーグ戦先発 先制点をアシスト

 フライブルク戦の前半、攻め込むブレーメンの大迫(右)=ブレーメン(共同)

 【ブレーメン(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグで2日、ブレーメンの大迫勇也は本拠地でのフライブルク戦でリーグ戦6試合ぶりに先発し、前半9分の先制点をアシストした。2―1の後半27分に退いた。チームは2―2で引き分けた。

 長谷部誠と鎌田大地のアイントラハト・フランクフルトはホームでバイエルン・ミュンヘンに5―1と大勝した。鎌田は後半19分から出場し、長谷部は出番がなかった。

共同通信社 2019年11月3日 無断転載禁止