サッカーW杯、日本首位で16強 U―17、2大会連続で

 セネガル戦でゴールを決め喜ぶ西川=ビトリア(FIFA提供・ゲッティ=共同)

 【ビトリア(ブラジル)共同】サッカーのU―17(17歳以下)ワールドカップ(W杯)ブラジル大会第8日は2日、ビトリアなどで1次リーグ第3戦が行われ、D組の日本はセネガルを1―0で破って2勝1分け、勝ち点7の1位で2大会連続の16強入りを決めた。6日(日本時間7日)に決勝トーナメント1回戦を戦う。セネガルは勝ち点6の2位で突破。

 日本は後半38分、途中出場の西川(神奈川・桐光学園高)がゴールを奪い、均衡を破った。守備陣も相手の強力な攻撃を無失点でしのぎ切った。

 同組のオランダは米国を破り、3位に浮上。C組はフランスが1位、韓国が2位で16強入り。

共同通信社 2019年11月3日 無断転載禁止