本田圭佑、フル出場も逆転負け フィテッセ監督が辞任表明

 ヘーレンフェイン戦の後半、攻め込むフィテッセの本田(手前)=ヘーレンフェイン(共同)

 【ヘーレンフェイン(オランダ)共同】サッカーのオランダ1部リーグで29日、フィテッセの本田圭佑はアウェーのヘーレンフェイン戦で加入後2試合連続で先発した。フル出場したがチームは2―3で逆転負けし、5連敗となってスルツキ監督が辞任を表明した。

 同監督は本田のCSKAモスクワ(ロシア)時代にも監督を務めていた。本田は「彼がいたから(フィテッセに)来たという意味では、状況を救ってあげられず非常に残念に感じている。これが現実なのでしっかり受け止めたい」と話した。

共同通信社 2019年11月30日 無断転載禁止