元野球選手の醍醐猛夫さんが死去 ロッテで4打席連続本塁打

 死去した醍醐猛夫さん

 プロ野球ロッテで4打席連続本塁打を放つなど活躍した醍醐猛夫(だいご・たけお)さんが11日午前0時42分、急性骨髄性白血病のために東京都内の病院で死去した。81歳。東京都出身。葬儀・告別式は17日午前11時半から東京都文京区大塚5の40の1、護国寺で。喪主は長男象器(しょうき)氏。

 東京・早稲田実業高で王貞治さんとバッテリーを組み、1956年夏の甲子園大会に出場。57年に毎日(現ロッテ)に捕手として入団。1年目に113試合に出場するなど活躍した。71年7月に2試合にまたがって4打席連続本塁打をマークし、75年限りで現役引退。引退後は指導者としても活躍した。

共同通信社 2019年12月11日 無断転載禁止