元阪急、高井保弘氏が死去 「世界の代打男」

 高井保弘氏

 プロ野球阪急(現オリックス)で歴代最多の27本の代打本塁打を放った高井保弘(たかい・やすひろ)氏が13日午前9時44分、腎不全のため兵庫県西宮市の病院で死去した。74歳。愛媛県出身。オリックス球団が13日に発表した。葬儀・告別式は15日午後0時半から西宮市高畑町2の25、エテルノ西宮で。喪主は妻安枝(やすえ)さん。

 愛媛・今治西高から名古屋日産を経て1964年に阪急入団。主に代打で活躍し、74年のオールスター第1戦でヤクルトの松岡弘投手から代打逆転サヨナラ2ランを放った。75年には代打本塁打数で当時の大リーグ記録を超え「世界の代打男」の異名を取った。

共同通信社 2019年12月13日 無断転載禁止