阪神の新人8選手が入寮 ドラ1西純「期待裏切らぬよう」

 阪神の「虎風荘」に入り、ベランダでポーズをとる井上(左)と西純=6日、兵庫県西宮市

 阪神の育成を含む新人8選手が6日、兵庫県西宮市の球団寮「虎風荘」に入った。ドラフト1位の西純(岡山・創志学園高)は「新しい生活が始まると思うとわくわくする。いろいろな人からの期待を裏切らないように頑張っていきたい」と表情を引き締めた。

 ドラフト2位の井上(大阪・履正社高)は、高校の先輩でロッテの安田にもらったバットを持参。「安田さんの前で打って、ここまで来ましたと伝えたい」と意気込んだ。ドラフト4位の遠藤(神奈川・東海大相模高)は出身地の秋田にちなみ、秋田犬のぬいぐるみを持って入寮し「秋田のみなさんを喜ばせて、恩返ししたい」と言葉に力を込めた。

共同通信社 2020年1月6日 無断転載禁止