阪神の藤川、狙うは防御率0点台 日米250Sにあと7

 自主トレを公開し、遠投する阪神の藤川=沖縄県宜野座村

 日米通算250セーブにあと7に迫っている阪神の藤川球児投手が15日、7月に40歳となるシーズンへ「自分に勝とうとするには昨年以上のものがないと。0点台で終わりたい」と、昨季1・77だった防御率をさらに良くする目標を掲げた。

 春季キャンプ地の沖縄県宜野座村で鍛え、キャッチボールや遠投で伸びのある球を見せた。今季は東京五輪の影響で開幕が早まるとあって「ほんの小さなチャレンジ」と減量を1、2キロに抑えた。

 名球会入りの条件となる偉業は目前。周囲の期待を感じつつ「毎年、求められるものは非常に高い。勝つために自分ができることをするだけ」と泰然自若としていた。

共同通信社 2020年1月15日 無断転載禁止