レッツ連歌(要木木純)・1月23日付

 今年もよろしくお願いします。新しいシリーズが始まりました。

           ◇

○年は変われど人は変わらず

そしてまた東京五輪がやってくる     (松江)山崎まるむ

元旦の挨拶代わりに初キッス    (兵庫・明石)折田 小枝

小遣いを10%上げておき        (益田)石田 三章

残業でなぜかパンツが裏表        (雲南)福場 仁一

毎日が日曜日となる老夫婦        (出雲)屋尾千恵子

同窓会飲まぬつもりが千鳥足       (松江)黒田 人鳥

墓参りいっぱいついた草虱(くさじらみ) (米子)板垣スエ子

信頼の回復のため努力する        (江津)岡本美津子

これでいいこれでいいのだこれでいい  (奥出雲)松田多美子

老け役に抜擢されたニューフェース       (大田)秀峰

ソバ食べてお雑煮食べてテレビ見て  (出雲)はなやのおきな

泣かないでボクにまかせてのび太くん   (出雲)野村たまえ

言わずともよいことをつい口に出し    (益田)黒田ひかり

三度目の禁煙三日で断念し        (松江)植田 延裕

向かい合い雑煮を食べるありがたさ    (美郷)源  瞳子

賀状にはこれが最後と書きしるし     (松江)持田 高行

面接の前に鏡で若作り          (松江)狩野 和子

押し花をそっとはさんだ日記帳      (松江)勝部 政子

お代官様ほど悪じゃござんせん      (益田)可部 章二

何遍も同じドラマで涙する    (東京・八王子)藤江  正

朝起きて食べて働きよく眠り       (浜田)勝田  艶

流れゆく水はどこまで行くのやら     (出雲)行長 好友

家のポチ敵か味方かすぐ見分け      (雲南)錦織 博子

古稀なのにあだ名飛び交うクラス会    (益田)石川アキオ

パソコンが言うこときかぬとキー乱打   (出雲)石飛 富夫

じいちゃんと呼ばれる孫の予定なし    (江津)花田 美昭

朝刊をトイレに持ち込むお父さん     (松江)早川 幸壽

電話口幼なじみと出雲弁         (浜田)米谷 昌子

食べて寝て文句言ってる粗大ゴミ     (安来)根来 正幸

髭剃って見慣れた顔に安心し    (埼玉・所沢)栗田  枝

           ◇

(挿絵・Azu)
 前句で使った文字を使わないようにしましょう。付きすぎを避けるための決まりです。今回も、「年」と「人」を付句で用いた人がいました。ベテランの人もつい忘れがちのようですね。

 次は今回の入選句の中から前句を選んで、短句(七七)を付けて下さい。さあ、今年も連歌の大海の中へ、出航しましょう。

(島根大教授)

2020年1月23日 無断転載禁止

こども新聞