中国、春節休業明けも経済停滞 政府は生産再開呼び掛け

 北京市内の施設を視察し、マスク姿で体温検査を受ける中国の習近平国家主席(左)=10日(新華社=共同)

 【北京共同】新型コロナウイルスの感染者が増え続ける中国は10日、春節(旧正月)休暇から続いた休業期間が明けた。しかし経済活動は停滞し、政府は工場などの生産再開を呼び掛けている。正常化には程遠い状況だ。中国国営中央テレビによると、習近平国家主席は同日、新型肺炎を巡る状況は「依然として非常に厳しい」との認識を示した。

 一方、春節の帰省や旅行に伴う鉄道や航空便などの旅客数は、前年と比べ4割減と大きな落ち込みを記録した。

 北京や上海では10日も閉店したままの飲食店が目立ち、地下鉄は空席だらけ。日系企業も含め、在宅勤務の職場が目立つ。

共同通信社 2020年2月10日 無断転載禁止