加ボンバルディアの鉄道事業買収 仏アルストム、世界2位に

 スイス・チューリヒの駅に停車するカナダ・ボンバルディア製の車両=2019年4月(ロイター=共同) 仏アルストムの工場に掲げられたロゴ(ロイター=共同)

 【ロンドン共同】フランス鉄道大手アルストムは17日、カナダ・ボンバルディアの鉄道事業を買収することで合意したと発表した。規模拡大でコスト競争力や開発力を強化する。米メディアによると、世界首位の中国中車に次ぎ2位となる。買収額は最大で62億ユーロ(約7400億円)となり、2021年前半に手続きを終える見込みだ。

 アルストムとボンバルディアはそれぞれ欧州に拠点を多く構えており、欧州連合(EU)の競争当局の承認を得られるかどうかが焦点。実現すれば鉄道事業の強化を目指す日立製作所にとって脅威となる。

 アルストムによると、単純合算した売上高は年155億ユーロ規模。

共同通信社 2020年2月18日 無断転載禁止