レジ無しローソン、実験店舗公開 手に取った商品を特定し自動会計

 レジに並ばずに決済可能なコンビニの実験店舗=18日午前、川崎市

 ローソンは18日、レジに並ばずに決済可能なコンビニの実験店舗を報道陣に公開した。事前登録したスマートフォンの専用アプリにクレジットカード情報を入力。店舗内のカメラなどITを駆使して手に取った商品を特定し自動会計することで、そのまま店外に出られるのが特長だ。

 店舗名は「富士通新川崎TSレジレス店」で、川崎市にある富士通の事業所内に同社社員限定で26日にオープンする。

 入店には専用アプリのQRコードをかざす必要がある。店内の28台のカメラが客の位置関係を常時把握し、手を伸ばした位置と棚に設置した重量センサーで手に取った商品を特定する。

共同通信社 2020年2月18日 無断転載禁止