対中国、輸出入ともに減少 貿易赤字1兆3126億円

 東京港に並ぶコンテナ=東京都品川区

 財務省が19日発表した1月の貿易統計(速報、通関ベース)によると、輸出から輸入を差し引いた貿易収支は1兆3126億円の赤字だった。赤字は3カ月連続。春節休暇が響き、中国に対する輸出入はともに減少した。新型コロナウイルスによる肺炎拡大の影響が出た可能性もある。

 財務省は「現時点では新型肺炎の影響について確たる分析ができない。動向を今後注視していく」としている。

 世界全体への輸出は前年同月比2・6%減の5兆4305億円で、14カ月連続で減少した。米国への自動車輸出減が響いた。輸入も3・6%減の6兆7431億円となり、9カ月連続で下落した。

共同通信社 2020年2月19日 無断転載禁止