セリエA強豪対決など無観客試合 新型コロナ感染拡大で混乱

 27日、観客を入れずに開催された欧州リーグのインテル・ミラノとルドゴレツの試合=ミラノ(UEFA提供・AP=共同)

 サッカーのイタリア1部リーグ(セリエA)は27日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて今節のユベントス―インテル・ミラノの強豪対決を含む5試合を無観客で開催することを決めた。前節は吉田麻也が加入したサンプドリアの一戦など4試合を延期し、欧州主要リーグの中で唯一大きな影響を受けている。

 今月下旬からイタリア北部で多くの感染者が確認され、次々と中止などの措置が取られた。

 今後も開催可否の判断、代替開催日の調整など先行きは不透明。27日には下部リーグの選手が感染したことも報じられ、混乱はしばらく続きそうだ。(共同)

共同通信社 2020年2月28日 無断転載禁止