スノボHP男子、戸塚が初優勝 USオープン、日本勢2大会ぶり

 スノーボードのUSオープンのハーフパイプ男子で初優勝した戸塚優斗(中央)=ベイル(Burton提供・共同)

 スノーボードのUSオープンは2月29日、米コロラド州ベイルでハーフパイプ決勝が行われ、男子は昨年大会3位の18歳、戸塚優斗(ヨネックス)が97・00点で初優勝した。日本勢の優勝は一昨年の平野歩夢(木下グループ)以来、2大会ぶり。

 今季のワールドカップ(W杯)種目別覇者で2連覇を狙ったスコット・ジェームズ(オーストラリア)は93・00点の3位。14歳の重野秀一郎(スノーヴァ溝の口―R246)は70・66点で8位だった。

 女子は松本遥奈(クルーズ)が2位、冨田るき(新潟・開志国際高)が3位、小野光希(スノーヴァ溝の口―R246)が4位だった。(共同)

共同通信社 2020年3月1日 無断転載禁止