女子ケイリン、初の五輪枠 悲願の金、男女で目指す

 女子ケイリン敗者復活戦で敗退した小林優香(左)=ベルリン(共同)

 【ベルリン共同】自転車トラック種目の世界選手権最終日は1日、ベルリンで行われ、日本は女子ケイリンで初めてとなる五輪出場枠1を獲得した。小林優香、太田りゆ(ともに日本競輪選手会)は、ともに敗者復活戦で敗退したが、国際自転車連合(UCI)の五輪ランキングで必要とされるポイントに達した。

 日本は男子ケイリンには2選手が出場できる枠を得ている。競技発祥国として悲願の五輪金メダルを男女で狙う。

共同通信社 2020年3月1日 無断転載禁止