五輪代表、円谷さんに墓前報告を マラソン男女、震災9年で福島へ

 1964年の東京五輪で、マラソンのゴールに向かう円谷幸吉選手

 東京五輪マラソンの男女代表が東日本大震災から9年となる11日と12日に福島県を訪れ、1964年東京大会で銅メダルを獲得した故円谷幸吉さんの須賀川市の墓前に報告に行く方針であることが3日、関係者の話で分かった。

 男女各3人の代表は8日に出そろう。11日は地震発生時刻の午後2時46分に黙とうし、12日に円谷さんの墓参りと記者会見を実施する。新型コロナウイルスの感染拡大で流動的な部分は残っているが、56年ぶりとなる東京五輪への思いを先人と共有し、「復興」を理念に掲げる五輪への決意を新たにする計画だ。

共同通信社 2020年3月3日 無断転載禁止