慶大アメフト部が活動自粛を解除 再生プロジェクトは継続

 複数の部員による不適切行為で昨年10月から活動を自粛していた慶応大のアメリカンフットボール部は4日、同日付で自粛を解除することを、同大体育会のホームページ上で体育会との連名で発表した。自粛後に始まった再生プロジェクトは継続していくとしている。

 同大は昨季の関東大学リーグの1部上位8校による「TOP8」をシーズン中に棄権して最下位扱いとなり、1部下位「BIG8」に降格した。

共同通信社 2020年3月4日 無断転載禁止