五輪の中止、延期は議論せず IOCバッハ会長「成功へ尽力」

 IOC理事会後に記者会見するバッハ会長=4日、ローザンヌ(共同)

 【ローザンヌ(スイス)共同】国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は4日、スイスのローザンヌで開かれた理事会後に記者会見し、新型コロナウイルスの感染拡大で東京五輪の開催が危ぶまれている問題で中止や延期の可能性は議論しなかったと明らかにした。7月24日に開幕する大会開催を前提に「成功に向けて尽力する」と改めて強調した。

 相次ぐ五輪予選の中止や開催地変更は問題だと認め、影響を受けた選手のために「五輪出場枠を増やす」救済策を国際競技連盟と連携して検討する考えを示した。

 次回理事会は6月中旬の予定。アダムス広報部長は「7月に東京で会いましょう」と述べた。

共同通信社 2020年3月5日 無断転載禁止