サッカー、五輪への強化試合中止 男子U―23、コロナ感染拡大で

 日本サッカー協会は6日、東京五輪へ向けた男子のU―23(23歳以下)日本代表の強化試合2試合を、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中止すると発表した。五輪出場権を得ているアフリカ勢を呼び、27日に京都で南アフリカと、30日に福岡でコートジボワールと対戦予定だった。

 森保監督は「試合が中止となり、心苦しい思い」とコメント。今回は久保建(マジョルカ)ら海外組の主力を招集する意向で重要な強化機会と位置づけていたが、開催が危ぶまれていた。

 チームは5月の福島合宿、6月のフランス遠征を経て、7月6日から兵庫県内での直前合宿で本番に備える予定。

共同通信社 2020年3月6日 無断転載禁止