男子で鍵山2位、佐藤6位 フィギュア世界ジュニア

 【タリン共同】フィギュアスケートの世界ジュニア選手権第3日は6日、エストニアのタリンで行われ、男子で1月の冬季ユース五輪王者の鍵山優真(神奈川・星槎国際高横浜)はショートプログラム(SP)1位で迎えたフリーでジャンプのミスが相次いで5位にとどまり、合計231・75点で2位となった。この種目で日本勢の表彰台は5年ぶり。

 昨年12月のジュニア・グランプリ(GP)ファイナル覇者でSP5位の佐藤駿(埼玉栄高)は大技の4回転ルッツが2回転になったフリーで6位の合計221・62点で6位。アンドレイ・モザレフ(ロシア)が合計245・09点で初優勝した。

共同通信社 2020年3月7日 無断転載禁止