スピードW杯、男子の新浜が優勝 最終戦、小平と高木美は3位

 男子500メートルで優勝した新浜立也=ヘーレンフェイン(共同) 男子500メートルで優勝した新浜立也=ヘーレンフェイン(AP=共同)

 【ヘーレンフェイン(オランダ)共同】スピードスケートのワールドカップ(W杯)最終戦は7日、オランダのヘーレンフェインで開幕し、男子500メートルは新浜立也(高崎健康福祉大職)が34秒31で制した。今季2勝目で、通算5勝。村上右磨(高堂建設)は34秒47で4位だった。

 女子500メートルは小平奈緒(相沢病院)が37秒39で3位。バネッサ・ヘルツォーク(オーストリア)が37秒31で制し、郷亜里砂(イヨテツク)が37秒51で4位だった。

 女子1000メートルは高木美帆(日体大助手)が1分13秒99で3位、小平は7位だった。

共同通信社 2020年3月8日 無断転載禁止