体操の畠田瞳3位、橋本は5位 東京五輪予選アメリカン・カップ

 女子個人総合で3位に入った畠田瞳の平均台=ミルウォーキー(共同)

 【ミルウォーキー共同】体操の東京五輪予選となる個人総合のワールドカップ(W杯)シリーズ第1戦、アメリカン・カップは7日、米ミルウォーキーで行われ、女子は昨年の世界選手権代表の畠田瞳(セントラルスポーツ)が4種目合計53・799点で3位に入った。男子は世界選手権で団体総合銅メダルを獲得した18歳の橋本大輝(千葉・市船橋高)が6種目合計82・757点で5位。

 女子は2017年世界選手権覇者のモーガン・ハード(米国)が55・832点で制した。男子はサミュエル・ミクラク(米国)が85・332点で勝った。

共同通信社 2020年3月8日 無断転載禁止