全柔連元会長の嘉納行光氏が死去 柔道の創始者・嘉納治五郎の孫

 死去した嘉納行光氏

 柔道の創始者、嘉納治五郎の孫で全日本柔道連盟(全柔連)元会長、講道館名誉館長の嘉納行光(かのう・ゆきみつ)さんが8日、肺炎のため東京都内の病院で死去した。87歳。東京都出身。自宅は非公表。葬儀・告別式は近親者と講道館関係者のみで行われ、後日に講道館と全柔連が合同葬儀を開く予定。

 嘉納治五郎の次男、履正氏の長男として生まれた。学習院大を卒業後に会社勤務を経て1980年に父の後を継ぎ、講道館第4代館長、全柔連第2代会長に就任。2009年に五輪金メダリストの上村春樹氏にいずれの座も譲り、嘉納家による柔道界トップの世襲は終わった。

共同通信社 2020年3月9日 無断転載禁止