五輪、1年か2年延期も選択肢 組織委員会の高橋理事

 2020年東京五輪の公式エンブレム

 【ニューヨーク共同】2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会で理事を務める高橋治之氏が10日付の米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)でインタビューに応じ、新型コロナウイルス感染拡大の五輪への影響について「大会は中止されないと考えている」との認識を示し、私見として今夏の開催が断念される場合は1年か2年延期が現実的な選択肢との考えを語った。

 大会組織委は公式見解として「発言の詳細や内容については承知していません。大会の延期は検討していません。大会準備は計画通り進めて参ります」とコメントした。

 高橋氏は広告代理店電通の元専務。

共同通信社 2020年3月11日 無断転載禁止