楽天、試合を中断して黙とう 震災発生の午後2時46分

 西武戦の5回、東日本大震災の犠牲者を悼み、黙とうする銀次(中央)ら楽天ナイン=11日、静岡市の静岡県草薙総合運動場野球場

 東北を本拠とするプロ野球楽天は東日本大震災から9年を迎えた11日、遠征先の静岡市の静岡県草薙総合運動場野球場で西武とのオープン戦に臨み、震災の発生時刻である午後2時46分に合わせて1分間、黙とうをささげた。

 球場には半旗が掲げられる中、五回裏の楽天の攻撃中に試合を一時中断して両チームの選手らが被災地へ思いをはせた。三木肇監督は「震災があったことを忘れずに、これからも少しでも力になれることをできたらと思う」と神妙に話した。

 他球場のオープン戦でも試合前に黙とうがささげられた。ヤクルトの嶋基宏捕手は「野球選手として、頑張っている姿を見せるのが仕事」と語った。

共同通信社 2020年3月11日 無断転載禁止