アルペンW杯最終戦は中止 ブリニョネが初の総合女王

 国際スキー連盟(FIS)は11日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、12~14日にスウェーデンのオーレで予定していたアルペンスキーのワールドカップ(W杯)で女子の最終戦を中止にすると発表した。フェデリカ・ブリニョネがイタリア勢初の総合女王に輝いた。(共同)

共同通信社 2020年3月12日 無断転載禁止