サッカー女子、米国に敗れ3連敗 国際親善大会

 日本―米国 後半、米国のホラン(左端)に3点目を決められる日本=フリスコ(共同)

 【フリスコ(テキサス州)共同】サッカー女子の国際親善大会「シービリーブスカップ」は11日、米テキサス州フリスコで最終戦が行われ、国際サッカー連盟(FIFA)ランキング10位の日本は同1位の米国に1―3で敗れ、3戦全敗で最下位に終わった。3連勝の米国が優勝した。

 米国は昨夏の女子ワールドカップ(W杯)覇者で、東京五輪でも優勝候補の筆頭。日本は前半に2点を先行され、後半に岩渕(INAC神戸)が1点を返したが、CKから3点目を失った。対戦成績は日本の1勝8分け28敗となった。

 もう1試合はスペインがイングランドに1―0で勝った。

共同通信社 2020年3月12日 無断転載禁止