IOC会長、五輪はWHOに従う 安倍首相、開催へ努力表明

 IOCのバッハ会長 記者会見する菅官房長官=13日午前、首相官邸

 【ジュネーブ共同】国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は、ドイツの公共放送ARDが12日に報じたインタビュー番組で、新型コロナの感染拡大による東京五輪の開催是非について「世界保健機関(WHO)の助言に従う」と述べた。同時に「大会成功へ全力を尽くす」とも明らかにした。

 トランプ米大統領は12日、同ウイルスの感染拡大で五輪開催を1年延期することを提案。安倍晋三首相は13日午前、トランプ氏との電話会談で、開催に向けて努力していると表明した。

 日米首脳は五輪開催に向けて緊密に連携する考えで一致。日本政府によると、延期や無観客開催は話題にならなかった。

共同通信社 2020年3月13日 無断転載禁止