FIFA、親善試合の延期勧告 新型コロナ感染拡大受け

 観客席の消毒作業が行われるトルコのスタジアム=13日、イスタンブール(ゲッティ=共同)

 【ベルリン共同】国際サッカー連盟(FIFA)は13日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、3月と4月に予定している国際親善試合の延期を勧告した。各クラブが代表選手を派遣するとの義務規定を、当該期間は適用外とすることを決めた。3月下旬に男子、4月に女子の代表活動期間が定められている。

 FIFAは健康上のリスクに加え、各地の渡航規制の影響で公平な試合を実施できない可能性を勧告の理由に挙げた。親善試合の実施可否の最終判断は各協会などに委ねるとしている。

 FIFAは既に3月と6月のW杯カタール大会アジア2次予選の原則延期や、3月の同南米予選の延期を発表している。

共同通信社 2020年3月14日 無断転載禁止